介護準備のための「家族で考えるシニアプランシート」

介護への取組の第一歩/「仕事と介護の両立」Q&A集とセットでの配布をお勧めします。

家族で考えるシニアプランシート

企業向けに、従業員のために、介護準備を促すツール「家族で考えるシニアプランシート」

少子高齢化の影響で誰にとっても身近になった親族の介護の話。企業にも、改正育児介護休業法施行など、親族の介護をしながら就労する従業員の支援体制が求められています。また、仕事と介護の円滑な両立のためには早めの準備が必要になります。そこで従業員に介護準備を促すツールとして「家族で考えるシニアプランシート」を作成しました。介護に対して漠然とした不安を持っているものの介護について家族と話すきっかけのない従業員への支援策として、是非ご活用ください。

「家族で考えるシニアプランシート」の対象者

  • 企業:従業員のための具体的な介護支援策を実施したい企業
  • 個人:親子で介護について準備をした人
    • 介護に不安を感じているがまだ具体的に何もしていない人
    • 親子、兄弟などで介護の問題を話し合うきっかけがほしい人 など

「家族で考えるシニアプランシート」の特徴とは

  • 介護準備のきっかけづくりとなります
    • 介護の準備をするのに何をしたらよいか分からない人に介護準備のきっかけとなります。
  • 家族の介護情報共有ツールとして
    • 介護の準備として必要な情報をシートに記入することで、家族みんなが介護に必要な情報を共有することができます。

「家族で考えるシニアプランシート」記入例

※画像をクリックすると拡大します。

「シニアプランシート」の構成

基本情報 何かの際に連絡するべき人・病院・保険証等の情報です
生活費・資金プラン 普段の生活費の収支や傷病・介護の費用の準備があるかを確認します
資産 おおよその資産を把握します
介護の希望・成年後見・終末医療の希望 ご本人の希望を確認します
介護準備計画 介護準備のための具体的な行動を考えて記入します
伝えておきたいこと ご本人が介護やその他についてご家族に伝えておきたいことを記入します
記入状況 介護について話し合いをした状況や同席者を記録します

「シニアプランシート」記入の手順

1.ご本人に連絡
介護準備について話をすることをご本人に事前に伝えておきます。いつ頃話をするのかを決めて、介護に対する気持ちを考えておいてもらいましょう。

2.シートに記入
ご本人の話を聞きながらご家族が記入します。ご家族が書き取ることで、情報を確認し共有しやすくなります。状況に応じて逆にご本人が記入したものをご家族が確認してもいいでしょう。その場で即答できない部分は、一旦飛ばして記入します。介護準備をご家族で話して考えるきっかけ作りにすることを大切にしてください。 その場合でも「基本情報」「生活費の収入・支出」「介護の希望」については記入しておくようにしてください。また、話し合いや記入が一度にできない場合は、二度、三度に分けても構いません。

3.計画を立てる
「介護準備計画」には、介護準備として必要と思われることのうち、今できることをご本人・ご家族で一緒に考えて計画を立ててください。実行したら結果を記入します。

4.定期的な見直し
年に1回程度、お盆やお正月などご家族が集まる機会等に見直しをします。同じシートに見直した部分を記録するか、または新しいシートを使って更新します。シートは何枚使っても構いません。その場合は必ず日付を記入しましょう。

価格とお支払い方法

  • 1部:120円(消費税別)
  • 3部:640円(消費税、送料、手数料込み)
  • 10部:1,600円 (消費税、送料、手数料込み)
  • 10部以上は10部単位(1,600円)でお申し込みできます
  • お支払い方法:原則として銀行振込(個人でお申し込みの方のみ切手でのお支払い可)
  • 請求書、領収書をご希望の場合はお申し付けください

button

ページ上部へ戻る